【体験談】短期離職での転職の成功事例とそのポイント

働き方

どうも、フリーランスのWebライターをしているコウキ(@donkey_indoor)です。

突然ですが、僕は新卒で入社した大手証券会社を1年未満で短期離職しました。

しかし、転職活動においてはすぐに2社(1社は大手メーカー)の内定をもらうことができました!

結局、Webライターとして独立いう道を選択したため、内定は承諾しなかったのですが、 これは短期離職での転職の成功事例といえると思います。

入社1年未満という短期離職にも関わらず、なぜ転職活動で成功を収めることができたのかについてその体験談とポイントをお伝えします。

コウキ
コウキ

短期離職を考えている人やこれから転職活動に臨む人の参考になれば幸いです!

スポンサーリンク

短期離職での転職活動の体験談

入社1年未満という短期離職をした後の僕の転職活動の体験談です。

辞めた後の流れと、転職活動の概要と結果に分けて書き綴っていきます。

ちなみに短期離職した理由については下の記事にまとめているのでぜひご覧ください。

参考記事>>【体験談】新卒入社1年未満で大手証券を辞めた僕の市場価値はまさかの○○円

辞めた後の流れ

辞めた直後の私は、「独立」か「再就職」で迷いつつも独立の道が明確になるまでは転職活動をしようと考えていました。

まず僕は転職サイトに片っ端から登録しました。

コウキ
コウキ

ちなみに僕のおすすめは以下の3つの転職サービスです!

スムーズな転職に役立つサービスはこちら!

ウズキャリ既卒 :内定率は驚愕の83%以上!第二新卒やフリーターなら登録は必須の無料サービス!

MIIDAS(ミイダス):あなたの市場価値から転職のベストタイミングが分かります!

マイナビジョブ20’s人材大手のマイナビが運営している第二新卒向けのサービス!

関連記事: 【厳選】転職に役立つ〝無料〟のおすすめサービスはこれだ!

登録後に驚いたのが、入社1ヶ月で退職したことを正直に書いているのにも関わらず、企業側からたくさんのオファーがあったことです。

これには、「短期離職しても受け入れてもらえるんだ!」という安心感を覚えました。

ちなみに僕は短期離職をあまり身内に知られたくなかったので大学やハローワークの求人サービスは使わず、転職サイト・転職エージェントのサービスのみで転職活動を完結させています。

転職サイトだと知り合いにあう心配もないですし、実際に自分から伝えた人以外には知られていません。

僕は転職のプロである転職エージェントと電話にて転職に関する相談し、「年収よりも福利厚生の充実やプライベートの時間の確保」に重点をおきたいことを伝えるとすぐに希望に見合った企業の採用情報について教えてくれました。

この点は非常に助かりました。

自分だけで探すとなると非公開の求人などはもちろん探すことは出来ませんし、なかなか希望通りの職場を探すのは困難だった印象があります。

転職活動の概要と結果

自分が理想とする求人情報を転職エージェントから紹介していただいた僕は、3社の選考を受けることに決めました。(1社は自分で転職サイトにて見つけた求人です。)

1社目は大手のメーカーだったので、面接にかなりの不安を持っていましたが、いざ面接を受けてみるとかなりフランクで話しやすい雰囲気でした。特に短期離職に関して、マイナスな質問もされず、すんなり内定を頂くことができました。

2社目は保険の代理店で、ここからは内定はいただけませんでした。書類審査の時点でふるい落とされ、面接までたどりつけませんでした。

3社目は、地元の中小企業だったのですが、書類審査もなく、いきなり社長との面接でした。この企業は、かなり緊張感のある面接でしたが後日、内定の通知を頂くことができました。

コウキ
コウキ

結果として、大手メーカー1社、中小企業1社の内定を頂き、その時点で僕は転職活動を終えました!

3分の2で理想の企業から内定を頂けたので、短期離職での転職活動としては成功事例といえると思います。

スポンサーリンク

短期離職の転職活動を成功させるポイント

さて、ここからが本題です。

なぜ、入社1ヶ月で辞めるという短期離職にも関わらず、転職活動で成功を収めることができたのか?

そのポイントは大きく2点あります。

短期離職の転職活動を成功させるポイント① 退職の理由を客観視する

前職を退職した理由を客観視しましょう。

短期離職で転職活動をするのであれば、この点は必須です。

間違いなく短期離職の場合は、退職した理由を深掘りされます。これは、避けられないと思っていた方がいいです。

この点をどう説明できるかが、内定をとれるかどうかの境目です。

1社目、3社目で内定を頂くことができたのは、この点を明確に伝えることができたからだと感じています。

それに対して、2社目で内定を頂けなかった理由は、面接を受けられず、自分の言葉で短期離職の理由を伝えられなかったことにあると考えています。

このように、面接で明確に伝えるためにも、短期離職の理由を客観視して深掘りするのは重要なポイントです。

短期離職の転職活動を成功させるポイント② 転職サイト・転職エージェントを活用する

無料の転職サイト・転職エージェントは使い倒しましょう。

驚くほどに便利です。

  • 未公開の求人情報が得られる
  • 面接など細かい点を添削してもらえる
  • 誰かに相談できるという安心感

これらは、かなり僕の転職活動を支えてくれました。

おすすめの転職サイト・転職エージェントについては下の3つがおすすめです!

スムーズな転職に役立つサービスはこちら!

ウズキャリ既卒 :内定率は驚愕の83%以上!第二新卒やフリーターなら登録は必須の無料サービス!

MIIDAS(ミイダス):あなたの市場価値から転職のベストタイミングが分かります!

マイナビジョブ20’s人材大手のマイナビが運営している第二新卒向けのサービス!

関連記事>>【厳選】転職に役立つ〝無料〟のおすすめサービスはこれだ!

ぜひこれらの〝無料〟サービスを活用して転職活動をより良いモノにしてください!

タイトルとURLをコピーしました