【転職】退職前だからこそ自己分析を徹底するべき理由

働き方

どうも、コウキ(@donkey_indoor)です。

「退職したいけれど転職活動が不安…」

「転職先をどうやって決めればいいか分からない…」

誰もが転職前にこのような悩みを抱えると思います。

僕自身もそんな悩みを抱えていた一人だったのですが、あるポイントを押さえていたことで退職後すぐに2社から内定を頂くことができました。

コウキ
コウキ

そのポイントとは退職前に自己分析を徹底したことです!

今回はこの点を深掘りしてみようと思います!

スポンサーリンク

退職前に自己分析を徹底すべき理由

退職前に自己分析をすべき理由は3点あります。

  • 退職前の方が自己分析の精度が高まる
  • 転職の直前で自己分析を始めるのは遅い
  • 退職後の動きが明確になりブランクが生まれない

それぞれについて少し解説します。

退職前の方が自己分析の精度が高まる

退職前の方が自己分析の精度が高まります。

その理由は、仕事をしているときに感じたことこそが自己分析をよりリアルなものにしてくれるからです。

「人と会うよりも黙々と事務作業している方が楽しい」

「会社の中よりも外を回る営業の方がのびのびと働ける」

など、学生時代には感じることができなかった詳細な点まで自分を知ることができます。

コウキ
コウキ

この詳細でリアルな情報こそが自己分析の精度を高めてくれます。

転職の直前で自己分析を始めるのは遅い

転職の直前で自己分析を始めるのは遅いです。

コウキ
コウキ

この点では私も反省していて、最低でも1ヶ月以上前から自己分析をすべきだったと思っています。

退職の直前は引き継ぎやさまざまな手続きが忙しいのであまり自己分析に充てる時間がありません。

転職を考えているのであれば、今すぐにでも自己分析を始めましょう!

退職後の動きが明確になりブランクが生まれない

退職する前に自己分析がしっかりとできていれば、退職して次の転職先に入社するまでの期間(ブランク)を短くすることができます。

ブランクについては以下の記事で概要や対策を述べていますが、ブランクが長い程、転職活動の難易度は上がっていきます。

関連記事:転職でブランク(空白期間)が1ヶ月以上あっても大丈夫?対策や注意点をまとめました!

コウキ
コウキ

できるだけブランクを短くするためにも退職する前にしっかりと自己分析をしておきましょう!

スポンサーリンク

退職前の自己分析の方法

退職前に自己分析をする必要性を述べてきましたが、ここからは自己分析の具体的な方法についてお伝えします。

結論からいうと、現在あなたが嫌と感じていることや苦手と思っていることなど仕事についてのマイナスな点をありったけ書き出してください。

コウキ
コウキ

凄くシンプルですがこれが転職のミスマッチを防いでくれます!

そこに書き出したものがあなたの苦手な分野・環境であり、その逆があなたが快適に働ける分野・環境であるといえます。

できるだけ詳細に、リアルな感情を書き出して転職先を吟味する最高の材料にしましょう!

スポンサーリンク

転職に有利な無料サービスをご紹介

転職を成功させるためには自己分析は欠かせません。

そんな自己分析の質を高め、その他の面でもあなたの転職活動をサポートしてくれるおすすめの無料サービスをご紹介します!

MIIDAS (ミイダス)

MIIDAS(ミイダス)は7万人の転職実績データからあなたの市場価値を教えてくれます。

また、あなたの転職のベストタイミングを面接確約オファーという形で教えてくれます!

コウキ
コウキ

無料でここまで充実したサポートを受けられるのは嬉しいですね。

ぜひ、MIIDAS(ミイダス)を活用して転職活動を有利に進めてみてください!

関連記事:【リアル】新卒入社1ヶ月で辞めた私の現在の生活は?【体験談】

タイトルとURLをコピーしました