新卒で辞めたい人は必見、第二新卒での就活はタイミングが命な件

働き方

新卒で入社してまだ2ヶ月だけど、辞めたい…

周りはまだ辞めていないから辞めにくい…

早く辞めてしまったら周りにどう思われてしまうだろう…

こんな不安や思いを抱えている人、たくさんいるんじゃないでしょうか?

安心してください。あなただけではありません。

私は新卒で大手証券会社に入社後、1年未満で退職しました。

コウキ
コウキ

そんな私が、「第二新卒」の就活における、タイミングの重要性をお話しをしていきたいと思います!

これから仕事を辞めて第二新卒として就活をしようと思っている人や、すでに就活を始めようと思っている人の参考になれば幸いです。

では、参りましょう!

「第二新卒」に役立つサービス!

現在のあなたの市場価値を「MIIDAS(ミイダス)」で調べて、転職のベストタイミングを見定めよう!

関連記事:  新卒入社1ヶ月で退職した僕の市場価値は○○円。

スポンサーリンク

そもそも「第二新卒」とは?

そもそも「第二新卒」ってどういうものか説明できますか?

私は、自分が仕事を辞める時にはじめて知りました。あまり耳にすることのない言葉なので、知らない人も多いと思います。

一般的には、第二新卒は学校を卒業後、一度就職をしたが、数年のうちに離職して、転職活動をする求職者のことを指します。

これでもまだ曖昧ですよね。

そこでパソナの転職ノウハウに明確な定義がされていたため引用します。

第二新卒は上に述べた通り、「大学・短大・専門学校や高校卒業後3年以内」が目安となるので、おおむね25歳以下の人を指すことが一般的です。

第二新卒はいつまで?企業が積極採用する理由と転職成功のポイント

このように「卒業後3年以内」というのが、1つの基準になっているようです。

スポンサーリンク

第二新卒での就職活動はタイミングが命

第二新卒についての定義を確認したところで、本題に入りましょう。

私は、この第二新卒での就職活動はタイミングが命だとお伝えしたいです。

その理由は2つあります。

タイミングが命だと思う理由① 第二新卒のメリットを生かせない場合がある

第二新卒として就職活動を行う場合、タイミングを逃すと第二新卒のメリットを生かせない場合があります。

第二新卒のメリットについて簡単にお伝えすると、

  • フレッシュさがあり、社風になじみやすい
  • 社会人経験があるため、マナーなどがしっかりしている

などが挙げられますが、

第二新卒としての就活のタイミングが早すぎるとマナーなどの社会人経験が不足しているとみなされることや、逆に遅すぎるとフレッシュさがないと判断されてしまう場合があります。

第二新卒として就活をするメリットについては、以下の記事で詳しく解説しています!

参考記事>>【体験談】第二新卒として就活をするメリットをまとめてみた

タイミングが命だと思う理由② 失業手当の有無が関わる

第二新卒として就職活動を行う場合、タイミングによっては失業保険を受けられる場合があります。

具体的な受給の条件は、雇用保険に加入はもちろん、自己都合退職か会社都合退職かなどでも変わるため、ハローワークインターネットサービスで確認してみてください。

この失業手当をもらえるか否かはかなり大きいです。

ちなみにですが、私のように早すぎるタイミングで退職をした場合は失業手当はもらえません…

これら二つの理由から、第二新卒での就活はタイミングが命だといえます。

スポンサーリンク

第二新卒で就職活動をするタイミングを見極める方法

では、どのようにして第二新卒として就活をするベストタイミングを見極めるのか気になりますよね。

タイミングを見極めるためにおすすめなのが、インテリジェンスのMIIDAS(ミイダス)というサービスです。このMIIDAS(ミイダス)は簡単な質問に答えるだけで、自分の市場価値を測ってくれます。

また、それだけではなくこのMIIDAS(ミイダス)は、面接確約オファーといった形で転職のベストタイミングを教えてくれます。

転職のベストタイミングを見極めて、第二新卒での就活を良いモノにできるよう、ぜひ活用してみましょう!

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、第二新卒での就活はタイミングが命だという件について、その理由と対策をご紹介しました。

ぜひ、MIIDAS(ミイダス)を活用して転職活動を成功させてください!

タイトルとURLをコピーしました