ボディビルの魅力と面白さについて出場する側と応援する側から考察した

筋トレ

どうも、ボディビル大好きWebライターのコウキです。

コウキ
コウキ

突然ですが、皆さんは〝ボディビル〟と聞いてどのようなイメージを持ちますか?

鶏むね肉とブロッコリーばかり食べてるイメージ…

適度な細マッチョでいいのに、何であんなにムキムキになるまで鍛えるんだろう…

世間のボディビルに対するイメージは大方こんな感じではないでしょうか。

最近では、アニメ「ダンベル何キロ持てる?」アウト×デラックスなどのメディアにボディビルダー・横川尚隆選手が出演していることからボディビルはかなり身近な競技になりつつあります。

TVアニメ「ダンベル何キロ持てる?」OPテーマ 試聴動画
引用: TVアニメ「ダンベル何キロ持てる?」OPテーマ 試聴動画

公式サイト>>TVアニメ「ダンベル何キロ持てる?」公式サイト

しかし、世間からはまだその奥深さや魅力、面白さが伝わり切れていない感じがします。

そこでこの記事では、

  • 出場する側から見たボディビルの魅力や面白さ
  • 応援する側から見たボディビルの魅力や面白さ

について、ジムのトレーナー歴3年、メンズフィジークに出場した経験もあるボディビル大好きWebライターの僕が解説します

コウキ
コウキ

2~3分でサクッと読める内容になっているので、ぜひ最後まで読んでみてください!

スポンサーリンク

ボディビルの魅力と面白さについて出場する側と応援する側から考察した

ポージングをとるボディビルダー

この記事ではボディビルの知られざる魅力や面白さについて、出場する側(選手)と応援する側(観客)に分けてご紹介します。

コウキ
コウキ

まずボディビルに出場する側から見た魅力と面白さについて解説しますね!

出場する側から見たボディビルの魅力や面白さ

筋トレをするボディビルダー
コウキ
コウキ

まず、ボディビルに〝出場する側〟から見たボディビルの魅力と面白さについてお伝えします!

  • 僕自身、メンズフィジークの地方大会に出場した経験がある
  • ジムのトレーナーをしている際、周りがボディビルダーだらけだった

以上の理由から、割とリアルにお伝えできると思います!

増量・減量による肉体の変化

自身の肉体にほれぼれするボディビルダー

出場する側から見たボディビルの魅力として、増量・減量による肉体の変化が挙げられます。

これは最近IFBBプロ(メンズフィジークのプロ資格)をとった有名なフィジーク選手、JINさんの減量前と減量後の変化です。

コウキ
コウキ

4ヶ月の期間にもかかわらず、凄まじい肉体の変化です…!

人によって増量・減量の体重差は異なりますが、知り合いのボディビルダーは25キロ以上の減量を経て大会に出場しました

その方は減量している期間の上半身を写真に収めて、自身の肉体の変化を楽しんでいました。

やはり自分の腹筋がバキバキになり、肩と腕のセパレーション(境目)がくっきりと現れ、バスキュラリティ(浮き出た血管)が全身に浮き出るのは非常に自尊心を高めてくれます

コウキ
コウキ

この点で、ボディビルは誰しもが持っている「かっこよくありたい」「より強くなりたい」という欲望を満たすのに最適な競技だといえます!

己と向き合う精神面・身体面の修行

筋トレをしている男性

出場する側から見たボディビルの魅力として、己と向き合う精神面・身体面の修行になるという点が挙げられます。

どのような点が修行のような要素を含んでいるのかというと、

  • 過酷な減量中の食欲との葛藤
  • 肉体的・精神的に限界という状況でトレーニング
  • タンニング(日焼けマシン)でじっと肌を焼く
コウキ
コウキ

まさに、漫画の世界の修行を現実に持ってきた感じです。

有名なボディビルの掛け声に、

「そこまで絞るには眠れない夜もあっただろ!」

という掛け声がありますが、その眠れない夜を超えた先には鍛え上げられた肉体とともに強靭なメンタルを手に入れることができます

コウキ
コウキ

ボディビルは、生活に張り合いを出したい方や自分自身をさらなる境地へ高めたい方に超おすすめです!

コンテスト当日の緊張感や高揚感

ボディビルの会場のイメージ

出場する側から見たボディビルの魅力としてコンテスト当日の緊張感や高揚感が挙げられます。

ボディビルのコンテストはたいてい大規模なホールなどで行われます。

そんな大きなステージで100~200人を目の前に、鍛え上げた己の肉体を披露。

コウキ
コウキ

他ではなかなかできない経験ですよね。

そこで感じる緊張感や高揚感は、まさにボディビルならでは魅力です。

コウキ
コウキ

ボディビルを通して、自分に自信が付いたというひとがたくさんいるのも頷けます。

コンテスト後の涙が出るほど美味い食事

美味しそうなラーメンの画像

出場する側から見たボディビルの魅力として、コンテスト後の食事が泣けるほど美味いという点が挙げられます。

どれだけ美味しいかというとこの動画を見てもらえれば伝わりやすいと思います。笑

【爆食い!】減量終了後に一番食いたかった食べ物を一気に食べたらもう幸せww
引用: 【爆食い!】減量終了後に一番食いたかった食べ物を一気に食べたらもう幸せww

過酷な減量後の有名筋トレユーチューバーのぷろたんさん。

コウキ
コウキ

非常に幸せそうで、こちらまで微笑んでしまいます…。笑

このように、過酷な減量を経ることで食事のありがたみを強く実感できます

これも間違いなくボディビルの魅力の1つです。

応援する側から見たボディビルの魅力や面白さ

応援している女性

ここまで、出場する側から見たボディビルの魅力や面白さについて見ていきました。

コウキ
コウキ

ここからは〝応援する側〟から見たボディビルの魅力や面白さについて解説していこうと思います!

音楽やライティングによるステージの雰囲気

これは横川尚隆選手が投稿した、2018年の全日本ボディビル選手権の投稿です。

コウキ
コウキ

選手たちの肉体もさることながら、ステージも非常にカッコいいですよね。

ボディビルと一言で言ってもJBBFやNPCJなど、運営する団体によってかなりステージの雰囲気が違います。

応援する側も非常に気分が高揚することは間違いないです!

鍛え上げられた選手たちの肉体

見てください、この日本トップレベルの肉体を…!

これは先程も紹介した横川尚隆選手の投稿ですが、絶対王者の鈴木選手を筆頭に素晴らしい肉体を披露しています。

コウキ
コウキ

選手たちの涙ぐましい努力の成果に、見ている側も心が熱くなります…!

競技を盛り上げる様々な掛け声

マッチョが絶対に喜ぶ掛け声57選
引用: マッチョが絶対に喜ぶ掛け声57選

この動画では実に57個ものボディビルの掛け声が紹介されています。

コウキ
コウキ

最近はテレビでもようボディビルの掛け声が取り上げられ盛り上がってきています。

ボディビルの掛け声の例として、

  • 大胸筋が歩いてる!
  • 肩にちっちゃい重機のせてんのかい!
  • 背中に鬼が宿ってる!
  • 腹筋6LDKかい!

など工夫とユーモアを感じる掛け声がコンテストでは響き渡ります。

コウキ
コウキ

かなり盛り上がるので、ぜひ実際にステージに足を運んでほしいです!

スポンサーリンク

まとめ:ボディビルは出場する側も応援する側も最高に熱くなれる競技

マスキュラ―ポーズをとる男性

この記事ではボディビルの魅力と面白さについて、出場する側と応援する側から考察しました。

ボディビルは出場する側と応援する側、どちらから見ても非常に魅力的な競技であることが分かっていただけたのではないでしょうか。

コウキ
コウキ

この記事を読んでボディビルに興味を持つ人が1人でも増えれば嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました